【作者自選の傑作・盛上駒】寉峯作 盛上 島黄楊 根杢 菱湖書 260

kakuho260
kakuho260 kakuho260 kakuho260 kakuho260 kakuho260 kakuho260 kakuho260 kakuho260 kakuho260 kakuho260 kakuho260 kakuho260

【作者自選の傑作・盛上駒】寉峯作 盛上 島黄楊 根杢 菱湖書 260

(kakuho260)



作者自選の傑作盛上駒です。



「漆黒」本来の深い美しさと上品な輝きが表現されています。

駒木地も、こだわりの根杢を丹念に磨き仕上げた逸品です。



【 駒師 寉峯 】
寉峯 かくほう(遠藤正己 えんどうまさみ)

『富士駒の会』会員。富月氏に師事する。

富月氏による漆の盛り上げの実演を一度見ただけで、製作中の彫埋駒をすべて盛上駒に仕上げてしまったという天才肌である。

2018年11月、第31期竜王戦(羽生善治竜王対広瀬章人八段)第3局で採用される等、人気実力ともに現代を代表する駒師。

雅号の寉峯は、同級生の書家・望月大耿氏が「藤の花が満ち溢れて咲く峯々を、一羽の鶴が蒼空へと飛ぶさま」を表して命名した。

文字からにじみ出る艶やかさと優しさのある作風で、時間をかけ丹念に仕上げる。

「筆で書いたような生き生きとした字になるよう、常に前進したい。これでいいと思ったら終わり」(寉峯氏談)

2020年7月20日放送のNHK『逆転人生』に出演し、駒師・寉峯は全国に感動を届けました。

在庫状態 : 売り切れ
¥460,000(税込)
只今お取扱い出来ません